パトコアの技術ブログ

化学情報管理・創薬支援のためのケモインフォマティクス製品を扱うパトコアです。本ブログは技術チームにより運営されており、各種ツールを使うとどんなことができるの?という観点から、技術情報をお届けします。

パトコアの技術ブログ

理想的なケミカルドローイングツール

化学と化学的アイデアのコミュニケーションと共有は、化学構造図という世界共通の共通言語があることで容易になります。 潜在的な化学構造の数は1060と推定され[1]、興味深いサブセットは、Mcule 1.4x108からeMolecules 7.0x1012までの「オンデマンド・ビッ…

創薬プロジェクトを最適化する「カンバン」とは?

カンバンは日本語で「看板」や「信号」を意味します。1950年代にトヨタ自動車が生産の効率化と品質向上を目指して初めて導入しました。 これはワークフロー管理の視覚的な表現で、アジャイルな環境でよく使われるため、時に「アジャイルタスクボード」とも呼…

関連する特徴のみを使用した自動モデル構築

創薬の各段階で機械学習モデルを活用することにより、より迅速かつ洞察に満ちたデータ主導型の意思決定が可能になります。 モデル生成時には、データセットに対して利用可能な全ての記述子が生成されるのが一般的ですが、これらの記述子の重要性は最初からは…

DMTAリード最適化: 科学とプロジェクト管理の統合

理論上、生成が可能な有望であろう化合物の数は、実際に合成して評価が可能な化合物の数をはるかに上回ります。 これにより、ヒット化合物の同定とリード化合物の最適化は、創薬プロセスにおいて高度に複雑な課題となります。 この複雑さを解消するためには…

ChEMBL vs. GOSTAR -データの多様性と化合物の網羅性

Patcore, Inc. ADMEデータによる予測モデリング 医薬品候補の2つに1つは有効性が不十分であるために臨床試験段階で失敗し、5つに2つは毒性が原因で失敗したことがあると言われています。*1*2 規制当局や研究者は、薬理特性に加えて、吸収(Absorption)・分…

DMTA(Design-Make-Test-Analize)サイクル内のCROとの協業

CROとの協業時の重要な要素 薬剤探索会社がディスカバリー・プロセスの一部を契約研究機関(CRO)に委託することは、ますます一般的になっています。 これにより、プロジェクトリーダーには社内および外部の活動を追跡する必要があります。データや進行中の…

薬物設計における主要な特性 | 親油性、pKa、および溶解度の予測

物理化学的特性は、薬物設計における重要な記述子です 親油性、pKa、および溶解度は、薬物設計において重要な記述子です。これらの特性は、薬物の薬物動態学的な曝露(ADME)と薬力学的な応答(標的および非標的への効果)の両方においての重要性が、文献で…